やっとエッセイを脱稿した。

早いもので、初稿の脱稿からまた書き加え変化させ、5年も経ってしまった。
出版社の社長さんに伝えると、拝見しますと泣いている絵文字と共にメールがあった。
随分とお待たせしてしまった。

また直しかもしれないし、どうなるかは不明だが、ずっと、そのことを気にして生活していたのは確かで、
終わったということだけで、私のすべてのような感覚がある。

やっと、自分自身の区切りがついたのだ。

大阪で、生徒さんが「先生、エッセイまだですか?」とふと私に問いかけた。
完成を待っていてくれている人がいるのだと気づいた瞬間、何かが私を急かし、
北海道に戻って、あと少しで滞っているものを一気に書き上げることができた。

滞りの解消には、自分ひとりだけでなく、やはり誰かや何かの外的要因からのきっかけが必要なのだ。

終えたので、まだこちらも3年お待たせしている絵本の執筆に着手する。
着手と言っても、手はまだまだ動かず、妄想と空想と想像力、そして第6感のような「気」を巡らしている最中。
一筋の閃きを模索している。

私のあたらしい荷となり、これから付き合って生活してゆく楽しさもため息もある。
またこの荷といっしょに生きることを味わっていこう。

森直子

更新情報をメールでお知らせ

読者登録はこちらです
ブログの更新情報をメールでお届けします。どうぞご登録ください。