先日伺った登別の老人ホームの施設長さんよりメッセージと新聞記事が届いた。

拝読して、なんとも言えない気持ちでいっぱいになり、

一期一会の刹那の時間なのだという事を、再認識していた。

 

「先日はお忙しい中、お越しいただきありがとうございました。

入居者様も大変喜ばれており今後の展開が楽しみです。

当日参加されていた方が翌日急遽ご入院からその日にお亡くなりになりました。

ご家族の皆様も突然の事で動揺されていましたが、遺品の整理の時

お母様の最後に活けられたお花を大切に持っていかれました。

施設としては本当に最後の作品をお渡し出来て良かったと思いました。」

 

 

室蘭民報 2019年10月3日

更新情報をメールでお知らせ

読者登録はこちらです
ブログの更新情報をメールでお届けします。どうぞご登録ください。